昭和40年 9月14日
旭プレス工業株式会社創立
昭和40年 9月
ヤンマーディーゼルの純正部品製造開始。
昭和50年 3月
ヤンマーディーゼル取引基本契約締結。
昭和54年 7月
久野 博2代目社長に就任。
昭和57年 12月
本社工場及び事務所新設。
昭和58年 12月
資本金600万円に増資。小松110tプレス、真空焼純炉新設。
昭和59年 9月
多品種少量生産システム管理を自社ソフト(パソコンSORDM23マークV、受注管理、在庫管理)
で行なう。
昭和61年 2月
特許出願(銅溶浸焼結鉄ガスケット)。
昭和62年 12月
資本金1800万円に増資。トムソン型自動打抜装置開始。45〜60tプレス3基加える。
平成03年 12月
自社ソフトASAHI(富士通ワークステーションK150Si)
JOYFULより受注、在庫、売上、仕入、製造の管理を行う。
平成05年 7月
銅溶侵焼結鉄ガスケットの特許成立。
平成07年 3月
アイダ200tプレス加える。
平成08年 12月
「ガスケット用金型及びその製造方法」特許取得。(三次元構造ガスケット用金型)
平成09年 5月
「複合ガスケット(PMGガスケット)」特許取得
平成09年 6月
ヤンマー補用部品納入成績優秀賞受賞。
平成09年 9月
無災害記録第3類、記録日数2100日。
平成11年 7月
ホームページ開設。
平成12年 8月
バーコードラベルプリンター導入。(トレーサビリティの確保)
平成16年 9月
シャープ複合機導入。ファイリングシステム導入、及びセキュリティシステム強化。
平成16年 12月
住友金属テクノロジーへ、委託研究・検査依頼。(高温用ガスケット耐熱試験、圧縮復元試験他)
平成17年 1月
島津ヘリウムリークディテクター導入。
NAPI600 5K 65A F.F.で10−7Pa m3/sの優秀なシール性を発見。
平成18年 1月
ノンバーミキュライト、ノンタルク、ノンセピオライト、ノントレモライトのアスベストゼロの
無機質ボード 一部生体溶解繊維使用のCE800-2でメタルジャケットガスケットの生産を開始する。
平成18年 5月
アイダ200tプレス(NS2-2000)設置。1600m/m×2000m/mのガスケット製造可能となる。
平成19年 1月
商標登録取得「NAPI gasket」「ナピガスケット」
平成20年 7月
ノンバーミキュライト、ノンタルク、ノンセピオライト、ノントレモライト、生体溶解繊維使用の
ゼロアスボード800-3使用のNAPI800、NAPI600シリーズの製造開始。
平成21年 7月
商標登録取得「ゼロアス」「ゼロアス ガスケット」「ZERO-As GASKET」
平成22年 7月 9日
平成22年12月10日
平成23年 6月
コマツ サーボプレス H1F45導入。
平成23年 8月
アイダ サーボプレス 110t導入予定。